甲出し フットストレッチャー バレエフットストレッチ!

バレエ用語 ( ア〜カ行 )

アダージオ adagio

「ゆっくりと」の意味。ゆっくりとした音楽に合わせて行うエクササイズのこと。

アッサンブレ assemble

片脚を前、横、後のいずれかの方向にすり出しながら、もう一方の脚で踏みきって跳び、空中で両脚を集めて第5ポジションにし、両脚で着地するパ。真上に飛び上がる場合と、斜め上に向かって放物線を描くように移動しながら跳ぶ場合がある。

アティテュード attitude

「姿勢」の意味。片脚で立ち、もう片方の脚を前、横、後のいずれかの方向に上げて、膝を曲げるポーズ。

ア・テール a terre

つま先を床につけた状態。

アライメント alignment

「一列に並ぶ」「整列する」という意味。各関節や背骨のアライメントが正しくない状態で踊ると、筋肉や関節がねじれた状態なので本来のパワーが出せない。また、筋肉が疲労しやすく回復も遅くなる。

ア・ラ・セゴン a la second

第2ポジションのこと。片脚または両腕を横に出した状態。

アラベスク arabesque

片足で立ち、もう一方の脚を後ろに伸ばしたポーズ。さまざまなバリエーションがある。

アロンジェ allongee

腕のポジション。手のひらを下に向けて、腕を伸ばす。

アン・オー en haut

腕のポジション。アン・バーで作っただ円を、そのまま上に持ち上げる。

アン・デダン en dedans

脚の回転の場合は内回し。動脚を後、横、前の順に動かす。回転する場合は内回り。軸脚の方向に回る。

アン・トゥールナン an tournant

「回りながら」の意味。

アントルシャ antrechat

「編む」の意味。両脚で踏みきって跳び、脚で糸を編むように空中で両脚をすばやく打ち合わせて、第5ポジションまたはク・ドゥ・ピエで着地するパ。

アン・ドゥオール en dehors

脚の回転の場合は外回し。動脚を前、横、後の順に動かす。回転する場合は外回り。動脚の方向に回る。

アン・ナヴァン en avant

腕のポジション。アン・バーで作っただ円を、そのままみぞおちの高さまで持ち上げる。

アン・バー en bas

腕のポジション。両腕を下ろして、大きな卵を抱えているようなだ円を作る。

アン・ファス en face

正面向きのポジション。

アン・レール en lair

つま先を空中に浮かせた状態。

エカルテ ecarte

「離れた」の意味。第1または第2ポジションで、右斜め前または左斜め前を向いたポジション。

エシャッペ echappe

第5ポジションと第2ポジションを繰り返しながら、脚の前後を入れ替える動き。

エファッセ efface

「控えめな」「影になった」という意味。正面から見たときに左右の足を交差させないで立つポジションのことで、反対がクロワゼ。

エポールマン epaulement

腰の位置は変えずに、上体をひねるようにして立体的に見せること。

カブリオール cabriol

片脚を前、横、後のいずれかの方向に振り上げながら、もう一方の脚で踏みきって跳び、空中で両脚を打ち合わせてから、振り上げた脚を保ったまま、踏みきった脚のドゥミ・プリエで着地するパ。

ク・ドゥ・ピエ coudepied

片足がもう一方の足首触れている状態。

クペ coupe

足首を切るようにク・ドゥ・ピエに上げる動き。

クロワゼ croisee

「交差した」の意味。第5ポジションで立ったとき、右足前なら左斜め前、左足なら右斜め前を向いたポジション。

グラン grand

「大きい」の意味。グラン・バットマン、グラン・プリエのように使う。

グリッサード glissade

片脚をすり出して、もう一方の脚で踏み切り、すり出した脚のほうへ移動する動き。ジャンプの助走や、パとパのつなぎとしてもよく使われる。

<バレエ用語一覧に戻る>